使いやすいバスタオルの選び方

入浴後体の水分を拭き取るのに、バスタオルは欠かせません。


中にはハンドタオルで拭くことを習慣にしている人もいます。

ハンドタオルの方が使いやすくて、場所を取らないことがその理由です。厚さがあるハンドタオルなら、代わりになります。

バスタオルに選ぶ際に大切なことの一つは肌触りです。
柔らかく、吸収性の高いものを選びましょう。

タオルにはパイル地とシャーリング地の二種類があります。

織り方の違いで呼び名が異なります。

バスタオルに向いているのはパイル地です。
選び方では大きさも大切な要素です。



大きすぎても、使いにくく不便です。

洗濯機に一枚入れるだけで他の物が入れられなくなります。

反対に小さすぎると、体を十分に拭くことができません。体の大きさや背の高さにあったものを選ぶ必要があります。

価格も選ぶポイントです。
高ければ良いとも限りませんが、ある程度は値段に比例します。

品質の良くないバスタオルは見た目は良くても、使っているうちに繊維がほつれてきます。



バスタオルの使い心地を良くするためには、洗濯の仕方に工夫が必要です。
柔らかくしたいからと、柔軟剤の使いすぎに気をつけなければいけません。柔軟剤の使いすぎは吸収性を弱めます。


適量を守りましょう。

干す際は、しっかりと振って伸ばします。

毎日新聞の情報を掲載しています。

方向を変えて振ることで、タオルの繊維が立ち上がりフワフワになります。

毎回洗わない場合は、日の当たる場所で乾燥させることで清潔に保てます。