バスタオルは用途多様

生活必需品と言っても過言では無いタオルには、ハンドタオル、バスタオル、フェイスタオルなど用途により種類も様々です。

このサイトで47NEWSの情報はこちらのサイトがオススメです。

またタオル生地の色やデザイン、メーカーも多く購入する時には迷ってしまう事もあるのではないでしょうか。
タオルの中でもバスタオルは用途も多く、様々な場面で大活躍するので複数枚揃えておきましょう。入浴後に身体を拭くだけではなく、赤ちゃんのおくるみや大きさにより子ども用や大人用のタオルケットとして最適の大きさです。



また、プールや海での身体拭きはもちろんの事、寒さ対策用に羽織る事も出来ます。



その他、入院時には枕や身体の下に敷いたり、イスやソファーの下に敷く事で汚れ防止の役割も果たす優れものです。


その用途多様なバスタオルですから、吸水性が良いとされる生地の製品を選ぶ事はもちろんですが、肌触りが良い事も選ぶうえで重要です。


主なタオル生地は綿ですが、ナイロンやポリなどの化学繊維を使用している製品もたくさんあります。肌触りや吸水性を重視する為ではないでしょうか。

日本には三重、泉州、今治と三大タオル産地がありますがご存知でしょうか。


最近では、安価な外国製のタオルが多数販売されています。
またデザインも豊富なので外国製を使用する方が多いかもしれません。しかし、日本製は生地や作りが良く、肌触りが良い事はもちろん、吸水性にも優れ、耐久性も抜群です。

価格は外国製に比べ高くはなりますが、日本製の素晴らしいバスタオルで拭いてみてはいかかでしょうか。